酬恩庵一休寺(しゅうおんあん いっきゅうじ)

一休寺 【京都南部】

一休寺の見どころ

一休さんの銅像

一休さんのモデルとなった一休宗純禅師が晩年過ごしたと言われる「酬恩庵一休寺」。

屏風の虎や「このはしわたるべからず」と言った逸話にちなんだ見どころも多数あります。

このはしわたるべからず
紅葉の時期はカエデに包まれた石畳がきれいで、中に入ると枯山水などを見ることができます。

市街地中心部から離れているため比較的観光客は少なく、外国人観光客はほとんどいませんのでゆっくりと参拝することができます。

一休寺の営業情報

料金 500円
営業期間 9:00~17:00
休日・休館 無休
所要時間 30分
混雑度
外国人観光客
URL http://www.ikkyuji.org/


京都府京田辺市薪里ノ内102

一休寺へのアクセス

電車

近鉄京都戦 新田辺駅 徒歩25分

バス

京阪バス バス停:一休寺

駐車場

あり 有料300円

京都駅から一休寺へのアクセス

京都駅から近鉄京都線の快速乗ると30分かからずで最寄り駅までいけますが、駅から少し離れているので25分ほど歩かないといけません。

歩くのが嫌な方は京都駅と京都南部をつなぐ直Q京都と言うバスに乗れば一休寺バス停まで行けるのでそこから5分かからずでたどり着けます。

直Q京都の詳しい情報はこちら

電車

京都駅
近鉄京都線 23分 400円
新田辺駅
徒歩 25分
一休寺

所要時間:1時間 交通費合計:400円

バス

京都駅
直Q京都 京都松井山手線 45分 500円
一休寺
徒歩 5分
一休寺

所要時間:1時間 交通費合計:500円

コメント